子育てと私の成長

私の息子は中学2年生です。そろそろ高校受験に向けて勉強に力を入れてくれるといいなぁと思っているけど、学校の宿題と定期テストのための勉強しかしていません。塾を勧めてはいるけれど、やる気がないのがわかるので無理強いはしていません。今までも塾に通って勉強をしたことがありません。

ゲームとYouTubeが大好きで、おうちでのんびりすることが幸せなようです。『ドラえもん』に出てくる『のび太くん』のような息子です。

このままで大丈夫かな…と将来の不安とかが頭をよぎることはあります。でも、きっと大丈夫。本人の力を信じたいと思います。

こういうところ、ちょっとうらやましくもあるんです。自分の好きなことをしている姿。はっきりと断ることのできる姿。

自分が同じ年ごろだった頃を思い出すと、周りの大人の期待を背負ってしまって息苦しくなっていたのです。断ること
も苦手で、自分の考えがあいまいになっていたのです。

私と同じようになってほしくないという思いで、意見を押し付けることがないように気をつけています。

息子の話を聞いていると、興味のあることについてはウィキペディアで調べて教えてくれます。そんな話は長い長い…。そんな様子を見ると、この情熱が勉強に向いてくれたらいいのになぁと思いますが、それは今ではないようです。焦るのは、親のほうですね。

親の思い通りにはいかないし、成長のペースは人それぞれ違う。わかっているはずのことを何度も心の中で繰り返しています。『這えば立て立てば歩めの親心』とはよく言ったものですね。

小さい頃の息子を思い出すと、お母さんが大好きだった表情を思い出すとちょっと涙がでそうになります。子離れをしていかないといけませんね。みんなが通る道です。私はこんな切ない気持ちでいますが、息子はあっさりと親離れをしていくように感じます。喜ばしいことですけれど、寂しくもあります。

必要な時に力になれるよう、私も親として成長していこうと思います。